香港からマカオにフェリーで行く道中を記録してみた

香港からマカオにフェリーで行く道中を記録してみた

週末に家族でマカオ

週末に家族でマカオに旅行に行きました。


香港からマカオ行きのフェリーは2つのターミナルから出ています。

ひとつが香港島の上環にある港澳客輪碼頭(Hong Kong-Macau Ferry Terminal)で、もうひとつが九龍半島にある中國客運碼頭(China Ferry Terminal)から行く方法です。マカオフェリーターミナルからの方がフェリーの数は多いです。

香港国際空港から乗り継ぎで行く方法もありますが、ここでは除外しておきます。

今回はこのマカオフェリーターミナルを使いました。

チケット購入

土曜日の午後にマカオに向かいました。

チケットカウンターで40分後のマカオフェリーターミナル行きのエコノミークラスのチケットを購入しました。

186香港ドルでした。

席はこの段階では決まっていません。

出国手続きを終えて、フェリーのゲート近くにあるカウンターでチケットを渡すと、このように席のシールを貼ってくれます。

これから乗船です。

SIMカードの入れ替え

香港~マカオの場合、出港しても30分以上は香港の電話の圏内です。

ランタオ島の南側を過ぎたあたりでようやく圏外になるので、このタイミングでSIMカードを入れ替えました。

このSIMカードは先日深水埗で事前に購入しておいたものです。

マカオのSIMカードは現地に着いてからも購入出来るし、フェリー内でも購入出来ますが、事前に買っておいた方が安心でしかも少し値段も安いです。(私は50ドルを40ドルで買いました。)

SIMカードの設定は簡単

SIMカードの設定は簡単です。

マカオの携帯の圏内に入ってから、

  1. 言語を選択
  2. アクティベート
  3. プランの選択

をして再起動するだけです。

無事にマカオフェリーターミナルに到着

こうして無事にマカオフェリーターミナルに到着しました。

マカオに来て感動するのは、街中にポルトガル語があることです。

ここからはホテル行きのシャトルバスに乗ってホテルまで向かいました。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :