香港和僑会の「論語」の勉強会に参加して感じたこと

香港和僑会の「論語」の勉強会に参加して感じたこと

香港和僑会の主催する「論語の会」に参加しました。

香港和僑会の主催する「論語の会」に参加しました。

和僑というのは、「海外進出する起業家たちのネットワークを指す呼称」の事をいいます。

現在は、約30箇所で会員数は2000人になるそうです。

この和僑会の創設者である筒井さんご自身が主催をする「論語の会」に初めて参加をしてきました。

中国古典の名言を選んでそれについて話をする会です

この論語の会論語に関する勉強会です。

今回は、筒井さんご自身が選んだ論語以外も含む中国古典の名言を読んで、それについて色々と話をして下さいました。

課題図書もあり、こちらの本になります。

名言について話をすると、より深く理解できます

私は致知という雑誌を15年以上定期購読しています

この雑誌には中国の古典についてよく書かれているので、今までも論語に関しては親しみがあったものの、深くは学んでいませんでした。

今回の勉強会では、一つの名言を読んでそれについて色々と話をします。

そうすると言葉の重みを感じることができました。

最後に ~ 論語は行動するための活学

今回課題図書と別に、こちらの本も読みました。

こちらの本には、孔子の生きた時代背景などが書かれていてとても興味深く読めました。

こちらに書いてあった、「論語は行動するための活学」という言葉。

論語は、まさに行動するための読書ですね。

論語に関してはまだ理解はまだこれからですが、今後も定期的に学ぶ予定です。

文庫 声に出して読みたい論語 (草思社文庫)
齋藤 孝
草思社
売り上げランキング: 82,377
はじめての論語 素読して活かす孔子の知恵 (講談社+α新書)
安岡 定子
講談社
売り上げランキング: 37,110
The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告