香港和僑会で「パブリックスピーキング」について学んだ

香港和僑会で「パブリックスピーキング」について学んだ

香港和僑会

香港和僑会の特別講座「海外が舞台!聞き手の心に伝わるパブリックスピーキング」に参加をしてきました。


講師はフリーのキャスターの楢橋里彩さん。

美しいたたずまいと滑舌の良い語り口に、さすがプロは違うと痛感しました。

今回特になるほどと思ったのが、話す際の原稿の書き方が大事だということと、聞き上手であることが大事ということです。

マインドマップでノート

最近はずっとポメラでノートをとっていたのですが、久しぶりにマインドマップで取ってみました。

使用したのは直前に買ったミニジェルペンです。

綺麗に書こうと思わなかったのでかなり雑ですが(笑)、カラフルなのは楽しいですね。

マインドマップは後で見返したときにポイントが人目で分かるのもいいです。

ちなみに書いたノートはこの方眼ノートです。

【A5判 方眼ノート 5mm罫】30枚 水平開き(ナカプリバイン) 5冊セット
有限会社中村印刷所
売り上げランキング: 5,116

マインドマップを描くときは無地のノートを使った方が良いのですが、そうすると他の用途に使いづらいので、私は敢えて方眼のノートを使っています。

このノートは広げると水平になるので、見開きでノートを使うのにおすすめです。

伝筆

講座の終了後に、伝筆(つてふで)の書き方を指導している方が好きな言葉を書いてくれるというのでお願いしました。

言葉は「感謝」です。

筆ペンでささ-っと書いてくれるのがすごい!

90分の講座受講で誰でも書けるそうです。

今回カラーの筆ペンがあるのも初めて知りました。

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off