日経電子版の家族での共用が便利~原則は同時使用の場合「アプリを分ける」

日経電子版の家族での共用が便利~原則は同時使用の場合「アプリを分ける」

香港の日本の新聞事情

海外での日本語の新聞の購読が本当に便利になりました。

香港では、朝日新聞・読売新聞・日本経済新聞の3紙については、全日空系列のOCS(旧:海外新聞普及会社)が香港で印刷をして、日本と全く同じタイミングで配達をしています。


その他の新聞の場合でもOCSが日本から空輸して届けてくれるので、少し遅れてですが配達は可能です。

今は個人で新聞をとる人は少なくなったかもしれませんが、日本経済新聞を購読している企業は多いのではないでしょうか。

日経電子版

でも今は紙面で新聞を読まない人も増えています。

わが家も新聞をとっていませんが、夫が日経電子版を有料で購読しています。

私も夫のIDを利用してこのサイトを利用しています。

家族で同じIDを使用してもOKだがアプリを分ける

それではこの家族での共用は認められているのでしょうか?

日経電子版のサイトを確認したところ、家族で同じIDを使用することは問題無いものの、その際の決まりがあるそうです。

それは「1つのIDで利用できるサービスは1つのみ」ということです。

日経電子版のサービスにはこの4つがあります

  1. 日経電子版(PCプラウザー)
  2. 紙面ビューアーアプリ
  3. 電子版アプリ
  4. 電子版モバイル

家族で共用するための原則は、「同じサービスを同時に使わないこと」です。

例えば家族の1人がパソコンで1のPCプラウザーで日経のニュースを読んでいたとすると、その時間に他の家族が使えるサービスは2~4のみとなるということです。

日経電子版は、ひとつの日経IDで複数の機器(端末・デバイス)から同時に利用できますか | よくある質問|日本経済新聞 ご購読サポート

システム上は同時使用出来る?

私自身は基本は2の紙面ビューアーアプリを使用していて、必要に応じて3の電子版アプリを使っています。

夫は主に3の電子版アプリを使っているので、ほとんど重複することはなさそうです。

試しに夫と同時に電子版アプリを起動させてみましたが、問題なく出来ました。システム上は出来るのかもしれません。

今のところブロックされている様子はありませんが、原則通り同時使用の場合はアプリを分けた方が良さそうです。

【こんな記事も書いています】

広告

コメントComments Off
CATEGORY :