香港の冬は寒い〜日本にあって香港に無い ”冬に必要な” 3つのもの

香港の冬は寒い〜日本にあって香港に無い ”冬に必要な” 3つのもの

香港の冬は寒い

香港の冬は寒いです。

朝の気温10.7℃。

とても寒いです。


日本にいれば、10℃くらい大したことないと思うかもしれません。

確かに日本にいれば私だってそう思います。

でも寒いものは寒いんです。

香港には普通に日本にある3つのものがないのです。

香港に無い3つのもの

1.暖房

1つ目は「暖房」です。

香港では電車でもバスでもショッピングモールでも一年中冷房がかかっています。

エアコンも冷房機能のみで、暖房機能はありません。

もちろん全く存在しないことでは無くて、例えばオープンエアの飲食店などではヒーターをつけてくれるし、家には冬に使うためのヒーターを買いました。

でもそれ以外は一年中「冷房」の中で生活をしないといけないのです。

2.温かいお風呂

2つ目が「温かい風呂」です。

香港のお風呂はユニットバスか、浴槽も無いシャワーです。

日本のようにお風呂であったまる事は出来ません。

3.防寒対策のある家

そして3つ目は「防寒対策のある家」です。

とにかく香港の家は冬には向きません。

家の中がとにかく寒いです。

大きな窓は一件オシャレですが、外からの寒気が半端なくて窓の近くに行くととても寒いです。

床も大理石のようなタイルが多くて、夏は冷たくて気持ち良いけど、冬はただ冷たいだけです。

体の中から温めるしか無い

じゃあ全く対策が無いかというとそうではありません。

香港で出来ることは「身体の中から温める」です。

具体的には温かい飲み物温かい食事、そして温かいデザートです。

温かいもので身体を温めてこの短い香港の冬を乗り切ろうと思います。

【こんな記事も書いています】

The following two tabs change content below.
まるこ

まるこ

香港在住8年目。 働きながら2人の子供の子育てをしています。 好きなことは散歩とカフェ巡り、そして様々な勉強会に参加することです。 行動するための読書ーRead For Action(RFA)のリーディングファシリテーター。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :