撮影に使われた部屋の真下にあるスイートルームに泊まった〜ドラマ「恋する香港」のロケ地のペンタホテルに宿泊(前編)

撮影に使われた部屋の真下にあるスイートルームに泊まった〜ドラマ「恋する香港」のロケ地のペンタホテルに宿泊(前編)

恋する香港

以前「恋する香港」という深夜ドラマが日本で放映されていました。

私はこのドラマのロケで使用されていた場所をお散歩してきました。


この時にロケ地は一通り巡ったのですが、1ヶ所だけ行けていなかった場所があります。

それはホテルです。

流石にホテルだと「お散歩」という訳にはいかないですよね。

この撮影に使用されたホテルに、ようやく泊まることが出来ました。

今まで香港内で泊まる機会はほとんど無かったので、とても良い思い出になりました。

ペンタホテル

ペンタホテル(Penta Hotel Hong Kong Kowloon/香港九龍貝爾特酒店)は、旧啓徳空港の北側の工業地帯「新蒲崗」に建っているスタイリッシュなホテルです。

地下鉄だとダイヤモンドヒル駅から10分ほどで行くことができます。

ドラマの中ではこのホテルのシーンが多くありました。

今回はこのうち「客室」を取り上げることにします。

客室

客室のシーンとしては、主にこの3つのシーンがありました。

  1. 小池栄子さんが着るものを選んでいるシーン
  2. 吉沢亮さんが仕事をしているシーン
  3. 最上もがさんが話しているシーン

1と2は通常タイプの部屋で、3だけスイートルームで撮影されていました。

ペンタスイート

今回家族で泊まったのが、ぺンタスイートツインベッドタイプです。

入ると正面にリビングルームがあって、テーブルの上にはフルーツが置かれていました。

香港らしい写真が壁紙になっているのが特徴です。

ガラスで仕切られた隣にベッドルームがあります。

トイレとシャワーが別にはなっていますが、ガラスなので丸見えです。

お風呂はシャワーのみで、バスタブはありませんでした。

撮影の部屋の真下

私たちの泊まった部屋は2815号室でした。

最上もがさんのシーンで出てきた部屋と全く同じ間取りだなぁと思ったら、使用されていたのは3015号室でした。

3015号室はベッドがツインで無くてクイーンサイズでしたが、その他のインテリアや間取りなどは全く一緒でした。

アメニティを追加できた

部屋は2名用ですが、子供の分のアメニティーをリクエストしたらもらえました。

アメニティーはこんな感じ。

お洒落なパッケージですね。

空港が無くなって縦に増築した?

部屋からの景色です。

啓徳空港跡地の開発が良く見えます。

この景色が綺麗かどうかは、その方の価値観によって変わるでしょうね(笑)

またここで面白いことに気づきました。

それはこのホテルを含めた多くの建物が、低層階が広めで高層の建物がその上に建っていることです。

おそらく啓徳空港の時代には建物の高さ制限があって低層しか建てられなかったのが、空港移転後に制限が無くなって縦に増築したのでしょう。

広告

コメントComments Off
CATEGORY :